子供がプラレールを卒業したら

一般の家庭で、プラレールで遊ぶ期間は、どんなに長くても7~8年ぐらいが限度ではないでしょうか?小学校の高学年になるとほとんどの家庭が、プラレールをタンスの肥やしにしてしまっているようです。

続きを読む

レールをつなごう

プラレールのジョイント部分

プラレールを購入して、箱から中身を取り出したら、早速レールをつないでみましょう。プラレールが長く続いてきた歴史の中で、発売当時から、一貫して凹凸の接続で、レールを作り続けています。

続きを読む

プラレールのレイアウトとは?

プラレールでセット品に満足できず、いろいろなレールや情景部品を買い足していくうちに段ボール箱いっぱいになってくると思います。組み立て式のメリットであり、デメリットでもある「遊ぶために組み立てるレールの配置が、作るたびに違ったように作れてしまう」というほど、レールの量が増えてきたら、レイアウトのパターンを何種類か作っておくのもいいかもしれません。

続きを読む

プラレールのきかんしゃトーマスシリーズとは

プラレールには、通常商品の他にキャラクター系として、きかんしゃトーマスシリーズがラインナップされています。プラレールのきかんしゃトーマスは、どちらかというと対象年齢である3歳からの導入を促進する意味でも効果的な商品だと思います。しかし、主流のシリーズとは一線を引く部分も多いので、カテゴリーを分けてこちらで紹介します。

続きを読む

プラレールセットの種類

プラレールには、様々なセット品が用意されています。お手軽な入門向けから、かなり大きなレイアウトを作れる高額のセットまで、多種多様にラインナップされています。車両のみのセット品等も用意されており、セットを組み合わせて購入されるといっそう、自由度の高い遊び方が出来るようになっています。

続きを読む

プラレールの始め方−最初に買うもの−

500系のぞみベーシックセットの中身

プラレールをこれから始めようと考えている方は、まず何を買ったらいいのかと、必ず、お考えになるはずです。たくさんのシリーズやセット品の中から、子供達が楽しんで遊んでくれるものを選ぶことが大事なんです。

続きを読む

取り扱い上の注意

プラレールは、小さなお子様でも安全に遊ぶための改良を行いながら、今日まで進化してきました。しかし、安全対策を施していると言っても完璧ではありません。遊ぶ際の注意が必要です。

※2021年2月16日追記:下記に以前掲載していた写真は、時代背景を考慮し不適切な表現にあたると判断したので、削除しました。

続きを読む

プラロードとは?

プラロードは、モーター内蔵のミニカー(モータートミカ)を走らせるプラスティック製の道路です。

トミー(現:タカラトミー)は、プラレールとトミカという2つの乗り物おもちゃを主力として、発展した会社でした。トミカは日本のミニカー市場の主力商品として、現在でもたくさんの車種が作られています。そのトミカブランドにモーターを内蔵して自走できるようにしたモータートミカが登場しました。

続きを読む

プラレールとは?

プラレールとは、発売から半世紀以上作り続けられている低年齢向けにデフォルメされた鉄道のおもちゃです。発売当時から、一貫して守り続けてこられた統一規格は一度も変わることなく、発展を続けてきました。

安全と技術進化で基本コンセプトは継承しながら、レールの素材を変更し、より安全に遊びやすくを心がけて50年以上前のレールと現在のレールを接続することも可能にしています。

続きを読む

プラレールが我が家にやってきた!

待ちに待ったプラレールが我が家に到着しました。セットの箱を考えるとちょっと大きめの箱に入っていたので、中身を確認するとエアクッションできちんと梱包されており、配送時に商品が傷まないような配慮がしてありました。

初めてのプラレール開封
続きを読む