The Galaxy Express E5

先週からテンションが上がり、急に楽しみが増えた感じの新幹線変形ロボシンカリオンZですが、今回は宇宙に向けて旅立つE5で銀河鉄道999さながらの演出でThe Galaxy Express E5のサブタイトルも納得のお話でした。

序盤が進行がおとなしすぎた感じでどうしても1作目と比較してしまうのですが、超進化研究所の人員配置と前作の絡みを考えると何かやってるのだろうかとも思ってましたが、現実的に定年とか結婚退職とかの方が先に考えてしまうのは、視聴者層よりもお父さん目線になってしまっているのかも知れません。

新しいエンディングを見て思ったのですが、レギュラー陣がずらっと出てくるカットで、今期メンバーとともに出水総司令長を筆頭に第1作目のメンバーが並んでますが、今までサブレギュラーとしてちょくちょく出ていた清洲リュウジがいなくなっていますね。

代わりに元800系運転士の大空レイや三原フタバ、本庄アカギと言ったキャラが出ているので今後の展開にまた登場するのかと期待しています。

今回は、タイトルからも推測出来るように銀河鉄道999とのコラボの真髄とも言える宇宙へ飛び立つ新幹線を描いてましたが、まさかまさかの嬉しい挿入歌「銀河鉄道999 シン ミックス」に懐かしさを感じていました。

しかも出発するときの内部のメーター類に灯が入るシーンは、まんま999の出発するときでしたね。思わずニヤっとしてしまいました。

プラレール銀河鉄道999

今年は劇場版銀河鉄道999が4Kになって劇場公開されると言う事もあり、かつてプラレールも銀河鉄道999を商品化しているので、この機会に再生産してくれたら嬉しいですね^^

第2超進化速度とか劇場版から登場のヴァルドルがこんな形でシンカリオンの支援に回るとは思っても見なかったです。

予告を見る限りは、来週は1作目より前の過去編らしいし、もしかしたら速杉ホクトと清洲兄弟の父親が登場するかもと期待したりしてます。(まぁ今までは予想はかなり裏切られてきましたが(^_^;)

宇宙を漂うE5を助けるのって宇宙に出ていたキトラルザスのスザクが乗ったブラックシンカリオンオーガだったりしませんかね。

敵の本陣に乗り込んでの対話が落ち着くまでは、ちょっと目が離せないシンカリオンZですね。当初から過去キャラの絡みをもう少し増やし世界観を拡張していれば、Amazonプライムの視聴レビューももう少し酷評が少なかったのでは無いかと思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。