シンカリオンZがやっと面白くなってきた!

大宮支部の再登場で、第1作目の主要キャラが誰1人登場しないどころか大宮支部の存在自体が、休止してたかのような感じさえしたのですが、昨日の放送を見て素直に旧シリーズキャラの登場にシンカリオンZがやっと面白くなってきた!と感じました。

大宮支部の元スタッフが予想以上に影が薄く、テンションが下がりまくっていた私ですが、九州の支部長が旧作のままだったことや名古屋支部で懐かしい顔を見て更にラストシーンまで、昨日の11話を見てガッツポーズをしてしまいました。

元運転手の中で最年長の中学3年生だった清洲リュウジ君が、指導長代理的なポジションにいて大人っぽくなっていたのですが、劇中でも数年としか表現してないですし、旧作から何年後かが今のところ明確になっていないので、まだまだ気になる点は多いですよね。

今回の話で大人に近づいたリュウジは、適合率が下がり運転士として新しい適合者の必然があったことがわかりました。

ようやくキトラルザスも絡んできてまだまだ再登場してないキャラも多いし、どういう立ち位置にいるのかもわかりませんが、来週の放送情報見ると京都と言う単語も見受けられるようですし、京都支部と言えば速杉ホクト指導長の存在が気になるところですが、大人が乗れるシンカリオン500系の進化系も登場するのか気になるところです。

まだ登場してない元大宮支部の人達は、中央司令部にいるのでしょうか?フタバさんは寿退社してそうな気もするんですが、本庄さんは彼女のハートを掴めたのでしょうかw

シャショットやキトラルザスの面々はどうなったのか、運転士よりもその他のメンバーの方が気になってるのはわたしぐらいですかね(笑)

ちょっと目が離せなくなってきたシンカリオンZですが、今後も続々新型が登場するんでしょうね。ザイライナーも含めて新型の登場が楽しみです。

ALFA-Xのシンカリオンはどうなったのか?もしかするとハヤトとシャショットの新しい機体だったりすると嬉しいかもです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です