伝説の運転士速杉ハヤト

ずーっと待った甲斐がありました。遂に遂に帰ってきました。リアルタイムで見れなかったので、1日遅れのAmazonプライム公開でようやく見ました。「伝説の運転士速杉ハヤト」はもう感無量でした。

いや、感無量で終わっちゃうと記事にならないのでちゃんと書きますけど(笑)冒頭からのフタバさん登場で今まで溜まっていたフラストレーションが一気に解消しました。

あ、もうこの回は三原フタバさん最高!で良いんじゃ無いでしょうか。と言うか、今まで未登場だったまさかのサブレギュラー陣はキトラルザスの拠点跡地にいたのですね。ラストに向けてなんかまだ隠し球を開発してそうな気もします。

ハヤトの登場によって、この回で一気にシンカリオンZの目指す方向性が、1作目とリンクして「共存」への対話と方法の模索みたいな感じで明確になったようですね。

大宮支部が再稼働しだした時点から登場しながら、影の薄かった女医の久留米さんとか三島さん旧作のキャラ達が、速杉ハヤトが出て来ただけで水を得た魚のようにチョイ出だけでも生き生きと見えました。

運転士として、E5系は主人公機なのでシンが乗っているせいか復帰しそうに無いハヤト君ですが、運転士復帰の道として実は2つの可能性を予想してたりします。

1つ目は速杉ホクトがイギリスに出向している事を考慮してですが、ハヤトの新しい機体としてイギリスとの共同開発によるシンカリオンユーロスターが終盤に登場する可能性です。以前にユーロスターのプラレール化がされていた事からの予想です。

2つ目は劇場版で登場したアルファエックスをE5系MarkⅡのデータを元に再調整してシャショットの制御でハヤトが乗ると言うパターンですね。

E5系と合体して最強のシンカリオンZになるというのもお約束で登場を予想しています。こっちはダークシンカリオンとの合体も可能性としてあるんですよね。

最後にキリンの中立宣言でしたが、今回のシーンを見る限り、ラストに向けて人との共存に対しての気持ちが軟化しそうな気もしました。伏線として見ています。

今まで情報が散漫でモヤモヤしていたシンカリオンZでしたが、今日の回で色々進展し、来週以降の展開に対する期待値を上方修正しました。

キャラ的な展開の期待で言うなら、シンのお姉さんアユに絡む上田アズサとかも面白そうですね。

1作目は放送延長を検討されながら大人の事情で打ち切られたと聞いていますが、2作目は商品展開も含めてどうなるのかまだわかりませんが、強化策も期待しながら続きを待とうと思います。

追伸:前作でうやむやになった三原フタバさんへの本庄アカギ君の想いとかも進展あればとか期待しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。