【入門向けNo.2】500系新幹線ベーシックセット拡張レイアウト

入門向けレイアウトNo.2は、我が家で初めて購入したプラキッズ500系新幹線ベーシックセットと一緒に購入したレール部品で作られたレイアウトを再現してみました。

我が家のプラレールファーストレイアウト

プラレールを始めました」で書いているように初めて購入した時は、何も考えずにレールを追加したので、購入したレールのうち、R-21 2倍曲線レールだけがあぶれてしまいました。購入時点では、J-15ミニ橋脚もなかったので、当時は、本などで橋脚の代用していました。

駅に待避線が加わっている

ベーシックセットもポイントレールの追加により、待避線を作れるようになります。現行の製品では、プラレールN700系新幹線ベーシックセット(販売終了品)でも同様の拡張が可能になっていますね。

必要な追加部品

まとめ

プラレールを初めて購入した方が、少ない予算で発展をお考えの時に参考になればと思って、我が家のファーストレイアウトを掲載しました。プラレール発展の第1歩になればと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。