プラレールとは?

プラレールとは、発売から半世紀以上作り続けられている低年齢向けにデフォルメされた鉄道のおもちゃです。発売当時から、一貫して守り続けてこられた統一規格は一度も変わることなく、発展を続けてきました。

安全と技術進化で基本コンセプトは継承しながら、レールの素材を変更し、より安全に遊びやすくを心がけて50年以上前のレールと現在のレールを接続することも可能にしています。

伝統の青いレール

実際の鉄道やリアルにスケール化されている規格の鉄道模型が凸レールなのに対して、プラレールは、凹レールを採用し、小さな子供でも簡単に車輪をレールに乗せることが出来るように工夫されています。この青い凹レールは、発売当時からず〜っと同じ規格で、作られています。

だから、大人たちが小さい頃に遊んだレールと現在の新製品をつなげてレイアウトを作ることも出来るのです。

車両は3両編成が基本

車両は、実在するJR(旧:国鉄)私鉄の人気車両を中心に製品化されています。3両編成でコンパクトに収め、車輪は、台車ではなく軸輪による2軸構造で統一し、バスの電車版というサイズで、実車の車両を短くしてるものを3両連結して編成してあります。デフォルメされているとはいうものの、実車の特徴をしっかりと押さえ、同社で作っているNゲージ車両と同様動力車となるモーター組み込み車両は、先頭車両に用意され、電池を使ったモーターで自走できるようになっているのです。

まとめ

プラレールは、車両と青いレールで遊ぶ商品ですが、長い期間で改良されながらも一貫した統一規格は、初期製品と現行商品を一緒に遊ぶことが出来る、まさに親子2代で受け継がれているおもちゃなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。