鉄道用の塗装カラー

プラレールの車両改造では、外観上、塗装を変更するだけでも別形式として十分に通用するものもあります。実車では、走行区間の電流仕様などで、床下機器やパンタグラフ、台車の違いなどで別形式とされている車両でも、精密に実車を再現している鉄道模型と違って、プラレールでは省略されている部分が多いからです。

JRの分割民営化後、同一形式でも各社によって個性あるカラーリングが施されており、未発売のカラーに変更することで、塗装バリエーションを増やすことも可能でしょう。

鉄道の専用カラー

JR系の鉄道に使用されているカラーは、赤2号、青15号など、専用の指定色が使われています。一般のプラモデル用カラーでは、微妙な色の違いに違和感を覚えてしまうかもしれません。

日本の鉄道模型Nゲージのメーカーでは、古くからキットを中心に発売しているグリーンマックスというメーカーでは、鉄道専用色のカラーを発売しているので、ご紹介します。グリーンマックス鉄道カラーは、スプレー缶になっているので、仕上がりがきれいでムラのない塗装が出来るため、プラレールの改造塗装にはおすすめです。実は、このグリーンマックスの鉄道カラーは、元々タカラ(現:タカラトミー)で発売していた鉄道カラーを引き継いだもので、プラレールとは縁のある商品と言うところもおすすめしている理由なのです。

鉄道カラーの入手方法

プラレールなら、一般のおもちゃ屋さんやディスカウントショップなどでも購入できますが、鉄道カラーは、鉄道模型を取り扱っている鉄道模型専門店で探すのが一番ですが、近くに鉄道模型専門店がない場合、インターネットでの購入が確実でしょう。

Yahoo!ショッピングで買う鉄道模型カラーの一覧・楽天版はこちら→楽天市場の鉄道模型カラー

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。