今年は、操車場関連が多い

最近のプラレール商品展開は、毎年、何かに重点を置いた商品をラインナップしているけど、今年は、操車場関連が充実してきた。数年前に発売されたE4Max車両基地セットから、大きな操車場を作れる環境は、徐々に整ってきていたし、待望のJ-24車両基地が単品販売されるようになったので、ヤード主体のレイアウトもおもしろいかなと思うようになってました。

車両基地セットは、車両と直線レールが入っていないだけで、エンドレスレイアウトに車両基地を組み込んだのは、E4Max車両基地セットの構成に準じていますし、おおきな列車メンテナンスステーションでは、4線用の転轍機がリニューアルして登場するなど、たくさんの車両を並べるのに適したアイテムのオンパレードです。

今年の初めに発売された修理!点検!車両整備ステーションやJ-11信号所等を一緒に配置するとすてきなヤードが作れそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。