トミカ博 in 福岡に行ってきました2

プラレールが主体のジオラマ

トミカ博 in 福岡でもプラレールの展示ブースがしっかりありました。後半は、プラレールの方を紹介です。大きなレイアウトが組んであるジオラマは、端っこながらも展示物の中では一番の人だかりを作っていました。

私も子供達もここでしばらく、プラレールの走っている姿に見入ってしまい、時間が経つのを忘れていました。

プラレール巨大ジオラマレイアウトの全景

プラレールタワーを中心にいくつもの円周をたくさんのプラレールが走っている姿は、まさに圧巻です。プラレール博ではないけれど、トミカ博でもやっぱりプラレールは、相棒の役目をしっかり果たしておりました(と言うか主役を食ってるかも…)

無料のプレイコーナーでも主役はプラレール

プラレール博でもおなじみのプレイコーナーでは、やっぱりプラレールが主役です。

最後に会場出口からエスカレーターを下るとトミカ・プラレールの販売コーナーがありました。今回のお目当ては、もちろんイベント会場限定販売のプラレール。入場時にもらったトミカ2種類は、有料入場者だけでしたけど、6人家族のうちは、それぞれ複数ゲット!トミカは本来、それだけで終わるはずが、会場限定品のトヨタ2000GTまで購入しちゃいました。

本命の予定品だったプラレール0系新幹線はすでに完売状態で、200系新幹線と有蓋車クリアカラー・トミカ積載車をゲット

トミカ博入場者限定トミカとイベント会場限定販売のトミカ

0系新幹線をゲットし損なったからと言うのもあり、とても気になったのですが、イベント会場限定品が、会場の外で販売されており、入場しなくても購入できちゃうんですよね。これだったら、オークションの転売目的などで、買い占める人がいてもおかしくないですよ。

限定品は、入場料払った人だけが買える特権にしないとおかしい!

主催者側は、有料イベントである事を配慮し、もう少し考えて欲しいと思いました。

次回は、ぜひプラレール博をお願いしたいです。今年も半年残っているし、ドクターイエローの中間車も欲しいので、ぜひぜひ開催して欲しいなと思いました。
(プラレールなら待ち時間があっても並ぶだろうな…)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。