末っ子の経過報告

プラレール好きな末っ子が入院、手術をしてから5日目になりました。今日も、朝から付き添いで、夕方に帰宅したところです。

手術後、元気が無く、普段からは想像が付かないほど、小さな声でしか話さなくなってしまっていたのですが、この連休で、上の子供達が見舞いに来て、私たち夫婦が用事を済ませる間の数時間、子供達だけで病室に置いておいたのですが、病院に戻ってみると、末っ子の表情が普段にもまして明るくなっていました。こういうときの兄弟の力って、すごいと思います。うちの子供達にとっては、今回の一件で、兄弟の絆みたいなものを学べたのではないかと思うのです。

また、学校で一番の仲良しの子が、お母さんと一緒にお見舞いに来てくれて、末っ子も大満足のご様子でした。

親は2人とも付き添いで、結構しんどい状況なのですが、末っ子が明るく元気な笑顔を見せていると少しは救われます。

入院の付き添いをしていて、一番つらいのは、付け替えの時に足から出た管を見ることですね。普段は、明るい表情も出るようになって、一段落したかに見えますが、付け替えの時ばかりは、末っ子もかなりいやがって泣き出してしまいます。

管から、毎日定期的に中に溜まった液を抜き出し、抗生剤を注入するのですが、親が横で見ていてもつらそうな感じです。管がとれる日が来ることを祈りながら、早く退院出来るようになればと思います。

最後に、問い合わせで励ましのメッセージをいただいた方々へ、心から感謝しています。メールで返信していない分、こちらでお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。