末っ子の退院とプラレール

長い間、放置してる状態が続き、申し訳ございません。ご報告が遅くなりましたが、3月末に末っ子は退院し、現在は小学校に通っています。

しかし、この春から小学校3年になった末っ子にとって、プラレールというおもちゃが、メインの遊びものではなくなってしまった事で、更新を躊躇してしまっていました。

2006年のこの時期から始めたプラレールですが、足かけ6年でそろそろ子供と一緒にと言うには、限界かなと感じています。

3ヶ月に及ぶ入院生活で、任天堂DSのゲームやアニメのDVD鑑賞、ガンプラ作成が末っ子の生活の中心だったこともプラレール離れを加速させてしまいました。

完全にプラレール離れしているかというと、思い出したようにプラレールを気にしているみたいなのですが、上の兄弟達が末っ子ほど電車に執着していないことで、別の遊びをしていることや、小学生が末っ子だけになってしまい、プラレールで遊ぶ事自体、子供達の遊びとして、過去のものになっていまいつつあるようです。

子供達のことを踏まえた上で、子供と一緒にプラレールの運営をどうすべきか考えていたのですが、私にとってもこのサイトは、いろいろな意味で思い入れの深いサイトになっていますし、今後も一歩引いたところから、大人の視点で後に続くプラレールファンの為に、不定期更新をしていくことにしました。

今後も子供達とたまには、プラレールを引っ張り出して大きなレイアウトを作ってみようかと想いながら、先日、タカラトミーの方から仕入れた情報など、近日中にアップしていこうかと思います。

※2021年3月18日追記:2021年に新システム移植で当時の管理人日記を読みながら、加筆修正を行っていたのですが、末っ子のプラレール卒業と「子供と一緒にプラレール」を管理維持する余裕が無くなっていた頃を思い出しました。繰り返される末っ子の入退院は小学校高学年まで続きましたが、中学入学前には病状も落ちつっき、高校生となった今では普通に過ごせるようになっております。

親子で楽しむプラレールと言う観点では、時間的な問題で、幼稚園時代で終わってしまった事と兄達と一緒に違う遊びに興味を持って行かれた部分はやむを得ないのかも知れません。

プラレールの情報の一環として、少しでも足跡が残せていたら幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。