トミカタウン 立体交差つき DXつながる道路のレビュー

【PR】おでかけ服で大人気!「ジータショコラ」のネット限定カラーが登場!

トミカの40周年記念アイテムとして、登場したトミカタウン 立体交差つき DXつながる道路は、プラレールのレイアウトに街を演出するトミカタウンのアイテムとしても重宝するアイテムなので、購入してみました。

 立体交差つき DXつながる道路を箱から出したところ

トミカタウンシリーズは、プラレールと一番接点の深いトミカのアイテムなので、ラインナップにはいつも注目しているのですが、今回は、トミカも40周年記念として、道路の数を増やし、立体交差まで付いて、申し分のないボリュームとなっています。

プラレールのレイアウトを発展させるという目的であれば、通常のつながる道路なら、2セットぐらいは欲しいところですが、こちらの立体交差つき DXつながる道路セットなら1セットでも良いような気がします。

セットに含まれる道路

セットなので、道路の直線やカーブ、交差点と言ったものが、1つだけ足りなくても買い足しが、セット単位でしか増やせないというのは欠点ですが、ある程度まとまった量が含まれているDXセットは、よほど大きな街を作ろうとしない限り、1セットでもいけそうです。

立体交差について

立体交差をピックアップ

※写真のトミカは別売品です。

立体交差つき DXつながる道路の中で、一番の売りである立体交差は、実際の道路で、渋滞しやすい交差点で採用されている立体交差をモチーフとしていて、交差の下も道路を通すことが出来ます。

手押しで、トミカを走らせて遊ぶという立体交差ではなく、あくまでもトミカタウンの道路に立体交差という道路配置が出来るという解釈ですので、トミカを手押しして遊ぶのには、不向きな坂になっています。

総評

トミカの40周年記念アイテムとして、通常のトミカタウン つながる道路よりも道路パーツが多く、お買い得感があります。プラレールのレイアウトに街を作って遊べるアイテムですし、子供達を見ているとトミカで遊ぶツールとして、単品でも道路があるだけで良いようです。

オンライン購入情報





トミカタウン 立体交差つき DXつながる道路のレビューの記事をTwitterでつぶやく Twitter「つぶやく」ボタン



※この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています。

サイト内検索

ネットショップで探す

ヤフオクで探す



子供と一緒にプラレール