子供がプラレールを卒業したら

Just MyShop(ジャストシステム)

【PR】おでかけ服で大人気!「ジータショコラ」のネット限定カラーが登場!

一般の家庭で、プラレールで遊ぶ期間は、どんなに長くても7~8年ぐらいが限度ではないでしょうか?小学校の高学年になるとほとんどの家庭が、プラレールをタンスの肥やしにしてしまっているようです。

プラレールを手放す

両親が、一緒になってプラレールを楽しんでいる家庭は、比較的長い期間プラレールを、所持しているようですが、子供の成長と共に、ご両親もプラレールで遊ぶことが無くなっていくと思います。仮に「子供に買ったつもりが、自分の方がはまってしまった」と言う親でも、子供が口実だったプラレールを家の中で、走らせる機会というのは、極端に減少してしまっているようです。
(休止しているプラレールのホームページが多いことでも裏付けられます)

こうなってくると、所持しているプラレールの量が、多ければ多いほど、収納スペースを圧迫してしまうこととなり、手放す時期だと言えます。しかし、私も経験したことですが、親が勝手に処分しようとすると子供は、結構ショックだったりするのです。宝物を取られるような感覚ですね。

ひとまずは、子供さんに聞いてみることが大事です。とは言え、家庭の収納環境もマンションなどの限られたスペースでは、お荷物になってしまうことは確実なので、手放す選択をしたと言うことを子供さんに説明してあげましょう。

プラレールの処分方法

プラレールを処分するのは、大きく分けて二つの方法があると思います。親戚や親しい友人の家庭で、小さいお子さんが、まだいらっしゃるところなら、譲ってあげるというのもいいでしょう。

プラレールを譲る相手が近くにいない場合、リサイクルショップやネットオークションで売却する手があります。リサイクルショップは、あまり高額での取引は行われていませんが、ネットオークションの場合、保有している内容によっては、びっくりするぐらい高額で落札される場合があります。しかし、紹介の仕方が悪いと、もっと高い値段でもいいような商品まで、安く落とされたり、入札者が現れなかったりするので、注意が必要です。

プラレールを卒業したら

プラレールで、電車の魅力にとりつかれてしまったなら、Nゲージなどの本格的な鉄道模型へと発展させることも一つの手です。しかし、不要になったプラレールも可能ならば、子供さんが大人になるまで、電池を抜いて、押し入れの片隅で保管しておき、孫が出来たら、新しいセットと共に渡してあげると喜ぶかもしれませんね。







子供がプラレールを卒業したらの記事をTwitterでつぶやく Twitter「つぶやく」ボタン



サイト内検索

ネットショップで探す

ヤフオクで探す



子供と一緒にプラレール