プラレールで飽きないためには その1

【PR】おでかけ服で大人気!「ジータショコラ」のネット限定カラーが登場!

プラレールのベーシックセットなど、ある程度の金額を出してセットを購入すると、確かにそれだけで、プラレールは始められます。しかし、セットの内容だけで子供達は満足するでしょうか?きっと何日も経たないうちに子供は、楕円をぐるぐる回るだけの単調な動きに飽きてしまうはずです。

飽きてしまう理由

最近は、ヒーローロボットの合体ギミックが増え、数千円の高価なものを何体も購入しないと満足できないようになっています。TVの展開と同時に新しいパーツが増え、追加購入していると万単位の出費というのも当たり前になってきました。では、プラレールはどうでしょうか?

プラレールも同じようにセットで数千円します。しかも、初期のセットで、車輌、レール、情景パーツがある程度はいっていますが、セットのレールだけでは、車輌は、ほとんどぐるぐる回る線路の上をただ何周も回るだけの単調な動きに子供達は、すぐ満足できなくなってしまうのです。

これでは、せっかく買ってもすぐに飽きてしまいます。おもちゃ箱の片隅で全く動かなくなったプラレールは、宝の持ち腐れですよね。では、どうすればいいのでしょうか、一緒に考えてみましょう。

プラレールが長く愛される理由

私もプラレールで遊んでいた世代です。私が幼年期の頃には、今のようなテレビゲームもなく、合体超合金もようやく出始めたばかりでした。だから、プラレールは、私のおもちゃ生活を支えてきた商品だったのです。どうしてこんなに長い間、同じ規格の商品が作り続けられているのでしょうか?

それは、プラレールの本当の楽しみを知っている人に支持され続けてきたからなのです。支持されてきた理由は、他ならないあの青いレールにあるのです。プラレールを象徴する青いレールは、独特の発想で造られたものです。

直線と曲線、ポイントレール、情景パーツ付きレールを組み合わせることで無限の発展性を秘めており、組み立て式を採用することで、昨今の住宅事情でも遊べるおもちゃとしての商品価値を持ち続けているのです。





プラレールで飽きないためには その1の記事をTwitterでつぶやく Twitter「つぶやく」ボタン



サイト内検索

ネットショップで探す

ヤフオクで探す



子供と一緒にプラレール