プラレールの電池交換を考える

【PR】おでかけ服で大人気!「ジータショコラ」のネット限定カラーが登場!

プラレールの電池交換って結構馬鹿に出来ないものがありますよね。長時間遊ぶにしても、数日で電池交換なんて事もあります。最近は、エコの観点から使い捨ての乾電池ではなく、充電式の充電池がかなり普及しているので、プラレールでも充電池を利用すると電池代を節約出来そうです。

充電式の単2型電池

プラレール車両に使う電池の主力は、未だに単2型です。最近登場した新しいプラレール車両の多くは、単3型が使用されており、市場を意識した移行を行っているようですが、全体の比率から行くと、まだまだ単2型の電池を利用している動力車の方が多いという実情です。現在のところ一般的な家庭での電池の主流は、単3型です。電池代も単2型のアルカリだと急激に高くなってしまうので、単2型の充電池を探してみました。

単2型の充電池の場合、大きさの関係から、専用の充電器も必要になってくるようです。

単3電池を流用する

一部のプラレール新幹線車両が、単3型電池を採用している背景には、電池の主流が単3型という市場の流れと、電池重量が減るために車体の重量が軽くなり、よりスピード感を演出できることにあるのではないでしょうか。

とはいえ、鉄道模型の世界でもそうですが、動力車両の馬力を確保するために、わざとウエイトを置いていることを考えると軽すぎることも問題ではあるのですが(笑)

ともあれ、単3電池が使えれば、経済的にももっと楽しくプラレールを活用できると思います。単3型の充電池なら、かなり市場に出回っているので、入手も簡単で、特価品のアルカリ電池も多数存在していることもありますね。

そんなとき、プラレールユーザーの満足できるような商品を見つけました。単3型乾電池を単2型として使うアダブターです。

単3を単2として代用するためのアイテムで、経済的ですが、使用時間が短くなる、ウエイトとしての重さがないので、バランスを崩す場合があるなど、短所もありますが、電池代のコストを考えると、とてもお得な商品だと思います。





プラレールの電池交換を考えるの記事をTwitterでつぶやく Twitter「つぶやく」ボタン



サイト内検索

ネットショップで探す

ヤフオクで探す



子供と一緒にプラレール