2009年を振り返って

【PR】おでかけ服で大人気!「ジータショコラ」のネット限定カラーが登場!

2009年は、プラレールにとって、50周年となる節目の年でした。おかげで、プラレール50周年記念の商品が、続々と発売され、ファンサービスたっぷりのラインナップが展開されました。

50周年記念アイテムとしては、往年の初代プラレールを、現在の構成で再現したC12蒸気機関車アーチ橋とレールセットをはじめとして、大人を満足させるような内容のラインナップが続々登場しました。

また、トミカとのコラボレーションも本格化し、旧来のモータートミカではなく、主力のトミカやトミカタウンが、プラレールの情景部品として、街のモジュールを担当するようになったので、鉄道模型のレイアウト的な要素を持ち始めたような感じです。

私が、今年一番注目した内容は、私がE4Max車両基地セットセットのレビューで書いていた内容が実現したことです。セットしか入手できなかったJ-24車両基地が、単品として販売されたことでした。単品化することにより、発展を容易に行えるようになったのは、ユーザーの意見を尊重したすばらしい内容だったと思います。

ハイパーガーディアンのシリーズもトミカハイパーシリーズとともに、プラレールわいわいDVDによるストーリー展開も手伝った独自の世界を構築し、ラインナップの充実を図っていました。

2010年、50年の歴史を持つプラレールが、どんな発展をしていくのか、来年も楽しみでなりません。

最後になりましたが、今年一年、子供と一緒にプラレールをいつもごらんになってくださった方へ、お礼を申し上げます。来年も頑張って更新していきますので、よろしくお願い申し上げます。

皆様、よいお年をお迎えください。





2009年を振り返っての記事をTwitterでつぶやく Twitter「つぶやく」ボタン



サイト内検索

ネットショップで探す

ヤフオクで探す



子供と一緒にプラレール